ひざ下脱毛を医療レーザー脱毛で行う場合の回数と費用について

暖かくなってくるとタイツやブーツを履かなくなり、足が露出する機会が増えるのでひざ下などのムダ毛(要するにすね毛)が気になってしまいますよね。
(太ももぐらいになると、服装次第では出さなくてすむんですけどね。)
自分でムダ毛を処理すると肌荒れが心配だし、ふとした時にケアしてないと困るからっていっても、頻繁にムダ毛処理するのって正直めんどうですよね。

そうなるとやはり、露出する機会が多い足など、特にひざ下の部分は永久脱毛をしておきたい。
ということで頼りたいのが美容皮膚科などのクリニックの脱毛を意味する「医療脱毛」です。

ひざ下脱毛をしようと思っている方には、ひざ下脱毛安いねっとがお勧めです。
ひざ下脱毛安いねっと~膝下の脱毛を料金と効果で選ぶならどこ?~

ひざ下をクリニック(現在、医療レーザー脱毛が主流です)で行うと値段が高いイメージがありますが、実はエステサロンよりも安くつくこともあるのです。
その秘密は、必要となる回数にあります。

医療レーザー脱毛は毛を生み出す毛根自体を破壊して根本から毛を無くす、そして生えなくしてしまいます。
なので、基本1本の毛、1つの毛穴は一度レーザーを受けると処理が完了します。ですが、クリニックでは何度か通うように言われます。
それはなぜか。毛の生え方には「毛周期」というサイクルがあります。
この毛周期のうち、医療レーザーが反応するのは成長期にある毛のみです。
ひざ下脱毛であれば周期が1.5ヶ月~4ヶ月ぐらいと言われています(個人差がありますが)。
そしてすべての毛に医療レーザーを当てることができるまでに1年ぐらいかかるため、回数は平均で6回ほど必要になります。

ちなみに脱毛サロンでは毛根を完全に処理することはできません。
なぜなら、毛根を完全に処理する(毛根を完全に破壊して毛を生えないようにする)のは医療行為だからです。
そのため、医師が在籍しているところでしかできません(施術自体は、看護師などが行うことが多いです。)。

当たり前ですが、サロンは医療機関ではないので、医療行為は出来ません、というか、やってはいけません。
よって、脱毛エステでの脱毛は、医療行為である「永久脱毛」ではなく、あくまで毛を徐々に薄くすることしかできなので、その分、回数がかかります。
さらにひざ下脱毛は範囲が広いのでワキなどの狭い部分よりもたくさんの回数を必要とします。
確かに、脱毛エステサロンは施術一回あたりの値段は安いですが、このような状況を踏まえて考えると、医療用レーザーによる脱毛の方が、脱毛完了までに必要になる回数が少なく、トータルで見れば料金も安くなることがあるのです。

もちろん個人差があるため、これ以上かかる方も、少なくなる方もいらっしゃいます。
どの何回ぐらいかかるのか、あとどれぐらい回数が必要なのかは都度、クリニックで確認すると良いでしょう。
(まず、初回の無料カウンセリングの時にでも、合計何回程度の施術が必要になりそうかを聞いておくのが良いでしょう。)
この毛の生え代わりのサイクルや回数を頭に入れて、夏に向けてツルツルの美脚が手に入れましょう!

医療レーザー脱毛となると、痛みが強いというイメージがあって不安という方もおられるでしょうから、痛みに関しても触れておきましょうか。
レーザー脱毛が痛いというのは、一昔前の話で、最近では、レーザー照射時の痛みを軽減するような様々な改良が行われた新型の脱毛機器が採用されており、痛みはかなり少なくなっています。
(もちろん、まだ旧型の機器をしようしているクリニックはあるでしょうから、そういうところ以外の話にはなります。)
それでも痛みが気になるという方は、麻酔対応してくれるところもありますので(お医者さんですからね)、そういったところを選ぶというのも良いでしょうね。
(ただ、麻酔による対応は、多くの場合、有料での対応になります。)

カテゴリー: マドモアゼルひざ下脱毛 | ひざ下脱毛を医療レーザー脱毛で行う場合の回数と費用について はコメントを受け付けていません。

ひざ下脱毛を湘南美容外科でするのであれば

湘南美容外科はレーザー脱毛を行なっています。
レーザー脱毛は、医療機関で医療従事者の施術が義務づけられている施術方法です。
(そのため、「医療レーザー脱毛」とも呼ばれます。)
湘南美容外科の機器は、最新の医療用レーザー機器を使用した施術で、お肌の負担を最小限におさえることができます。
ひざ下脱毛を行なう場合は、ひざ下にレーザーを照射して行ないます。
高出力の医療用レーザーであれば、自己処理を続けて無駄毛が濃くなってしまった方や、もともと毛が太い方にも働きかけることができます。
医療脱毛は、出力が高いため、完了までにかかる回数が、エステなどの光脱毛と比べると、およそ3分の1ほどで済みます。
(湘南美容外科で採用されている機器の場合の回数の目安です。)
また、膝下脱毛を行なう際の施術時間が短いのも魅力のひとつとなっています。
湘南美容外科のレーザー脱毛は、色の黒い毛根と、毛乳頭にのみ吸収されるため、確実に無駄毛をケアすることができ、永久脱毛が期待できます。
湘南美容外科で使用しているレーザーは、医療用のアレキサンドライトと呼ばれているもので、深い位置までレーザーを届けることができ、乱反射によって生じるロスも軽減することができる仕組みとなっています。
ひざ下脱毛は、ひざから下をさし、基本的にひざは含まれず、湘南美容外科のひざ下脱毛でも、膝は含まれません。
ただ、湘南美容外科のひざ下脱毛(部位は「両膝下」という名称です)は対象となる範囲が特殊で、足先(足の指と足の甲の部分)も範囲に含まれます。
(大体のクリニック・サロンでは、足先の部分はひざ下とは別のパーツになります。)
素足になる際やストッキングを履いた際など、無駄毛を気にせずに過ごすことができると人気の部位のひとつとなっています。
照射の回数は、毛の太さや量などによって個人差はありますが、通常5回から10回で自己処理のいらない状態になります。
レーザーを当てたあとは、保湿とUVカットが大切な自宅でのケアとなります。
(もちろん、レーザーの照射を受ける前も、日焼け対策などが必要です。)
日焼けをすると、色素沈着をしてしまう可能性が高まりますので、日焼け止めを塗るなど、対策をしましょう。
また、お肌から乾燥を守るため、保湿クリームを塗ることをおすすめします。
脱毛は、毛の周期に合わせて通うことになっており、回数を重ねるたびに毛が少なくなっていきます。
湘南美容外科は、初回に丁寧なカウンセリングがあり、施術方法などをしっかり説明してくれるので、安心して施術を受けることができます。

こちらの記事も合わせてどうぞ。
ひざ下脱毛を医療レーザー脱毛で行う場合の回数と費用についてはこちら

 

カテゴリー: マドモアゼルひざ下脱毛 | ひざ下脱毛を湘南美容外科でするのであれば はコメントを受け付けていません。

結局は個々人の事情で、予算やひざ下脱毛にどの程度の効果や結果を要求するかによってくる

自宅で処理するより、脱毛エステを活用するのが確かに最善策だと思います。現在は、大勢の人が気を張らずに脱毛エステに足を運んでいるため、脱毛コースのあるエステの需要は歳を経るごとに拡大しています。
脱毛の効果の出方は千差万別なので、一言では言えないのではありますが、完璧に膝下脱毛をするために必要な実施回数は、ムダ毛の量やムダ毛の濃さや太さにより、違ってきます。
光を使ったフラッシュ脱毛が開発されて以来、1回ごとの施術に必要とされる時間が一気に短くなって、さらに痛みもあまり感じないということから、全身脱毛を申し込む人が激増しています。
多くの脱毛サロンの中から、完璧に自分にとって最適のお店を選び出すのはかなり大変。お店探しでお悩みのそんなあなたに見ていただきたい、今一番人気のVIO脱毛のことが何でもわかる比較サイト!
実は永久脱毛を施したように、すっかりツルツルの状態にするのが望みなのではなく、目立たないようにするだけでいいと思っているのなら、脱毛サロンが取り入れている光脱毛で済む人も随分多いです。
仕事で必要な方以外でも自然体で、VIO脱毛を受けられる時代になっており、際立って濃いアンダーヘアに悩んでいる人、小さい水着やファッショナブルな下着を着用したい方、お家でお手入れすることに手間をとられたくない方というような方が多いという傾向にあります。
皮膚科のクリニック等で全身脱毛をしてもらうと、非常に施術費が高額になり、結構大きな額を用意しないと申し込む気にはなれませんが、脱毛エステの場合は、毎月の分割払いで気楽に申し込めるのです。
体質的に肌が弱い方や永久脱毛をしたい方は、皮膚科などでの治療として分類される脱毛で、医師としっかり相談しながら進めていくと不都合が生じることもなく、ゆとりある気持ちで施術に臨むことが可能になります。
ひざ下の医療レーザー脱毛についてはこちら

脱毛エステで脱毛するというスケジュールが入っている時に、心しておかなければいけないのが、体調の良し悪しです。風邪や発熱、頭痛等の体調不良はもちろん、日に焼けた後や、お肌が敏感になりがちな生理中も施術を断った方が、お肌のためにも賢明と言えます。

カテゴリー: マドモアゼルひざ下脱毛 | 結局は個々人の事情で、予算やひざ下脱毛にどの程度の効果や結果を要求するかによってくる はコメントを受け付けていません。